安定化電源と規格に基づいた安全試験

電源事業部

バッテリー(蓄電池)用 充放電電源

■充放電電源

C series
充電・放電が同時に行えます。保守・メンテナンスの必須システムです。

用途・特長・機能・性能

この装置は平和電機のロングセラー商品で、主に航空機(固定翼・回転翼)のメンテナンスで
数多くの実績を有しています。充電・放電が同時に行えます。
保守・メンテナンスの必須システムです。
リップルが少なく低ノイズ機能のドロッパー型と、インバータ方式の小型軽量・高効率のスイッチング型があります。
・ 充電モードでは電圧・電流を設定し設定時間まで続行します
・ 放電モードは電子負荷機能にて放電電圧の設定値到達まで続行しその到達時間を計測します
・ 2個以上のバッテリを同時に充電、放電をできる多数連結型もあります
・ シリアル通信で外部パソコンによるデータロガー機能を搭載可能(オプション)
・ 警報発生時は標準搭載のロギング機能によって常時監視可能
・ イーサーネットを装備。外部パソコンによるデータロガー機能を搭載(一部オプション)
・ カスタム設計・プログラミング随時対応

標準仕様

バッテリー充放電電源 C○○-○○-○○ series ”共通仕様”
電源 単層100V、200V、3相200V
±10% 50/60Hz の何れか
CV/CC表示 定電圧動作/定電流動作をランプ表示
出力電圧 0~最大、ポテンションメーター
による連続可変
対接地電圧 最大出力電圧+200VDC
出力電流 連続可変、連続定格 計器 出力電圧計 電流計アナログ2.5級
極性 正または負 リモート制御 定電圧/定電流のリモート制御
周囲温度 0~40℃ リモートセンシング 定電圧出力のリモートセンシング可能
温度係数 100PPM/℃(定電圧、標準値) 入力端子 背面端子台
過電圧 表面パネルにて設定可 出力端子 背面端子台
冷却 ファンモーターによる強制冷却
オプション ・デジタル計器類 ・リモート起動制御 ・水冷機能 ・GP-IBによるPC制御

■充電電源

C series
数多くの実績を有しています。バッテリの保守・メンテナンスの必須システムです。

バッテリの保守・メンテナンスの必須電源です。
リップルが少なく、低ノイズ機能のドロッパー型とインバータ方式の小型軽量、高効率のスイッチング型があります。

性能・特徴 機能特性

・充電の出力モードは定電圧・定電流を設定し、設定時間まで充電します。
・定電圧:0V~最大電圧はお客様のご希望の仕様に対応させます。
・定電流:0A~最大電流はお客様のご希望の仕様に対応させます。
・長年に渡る十分な実績に裏づけされた回路によって、リップル・ノイズ・過渡応答を極限まで低減

保護機能

・各種セーフティ機能を装備し、過電圧保護装置(OVP)や過温度保護等のプロテクション機能搭載
・一般的な電源保護機能の他に、ノイズ対策機能・アーキング瞬時遮断機能を設けています。
・スイッチング型電源では対処出来ないEMI問題を根本から解決
・一般仕様では温度ドリフト100ppm/℃を保証
・部品の最適化 強制空冷強化等にて10ppm/℃の低温度ドリフトも達成可能(オプション)
・RFフィルタの追加設置も対応いたします(オプション)

各種機能(オプション)

・過電圧は無負荷で電圧モニターしながらプリセット可能(オプション)
・通信インターフェイスとしてGP-IBによるPC自動運転が可能(オプション)
・マスターコントロール、スレーブコントロールの対応可能(オプション)
・超低ドロップアウト電圧のリモートセンシングが可能(オプション)
・大型電源の場合、操作部と本体部を分離し、操作部をJISラックへ組み込むことも可能です。
・パルスタイプも対応(オプション)
・一つの電源で多数連結チャンネル型も可能。(オプション)

標準仕様

充電電源 C○○-○○ series ”共通仕様”
入力電源
(3種の1つを選択)
単相100V ±10%
50/60Hz
リモート制御 定電圧/定電流のリモート制御
単相200V ±10%
50/60Hz
対接地電圧 最大出力電圧
+200VDC
三相200V ±10%
50/60Hz
冷却 ファンモーターによる強制冷却
出力制御 定電圧/定電流/定電力の動作を各モードに切替 入力端子 背面端子台
出力制御表示 定電圧/定電流/定電力の動作をランプ表示 出力端子 背面端子台
出力電圧 出力電圧 0V~最大電圧 周囲温度 0~40℃
可変 ポテンションメーターによる連続可変 温度係数 100PPM/℃
(定電圧、標準値)
定電力制御時
定電流制御時
連続定格 保護制御装置 過電圧保護
過電流保護
ヒューズ出力遮断
異常放電制御
出力電流 出力電圧 0V~最大電流
可変 ポテンションメーターによる連続可変
定電圧制御時
定電力制御時
連続定格
オプション ・計器類デジタル表示
・リモート起動制御
・水冷機能
・GP-IB制御
・電圧センシング端子
・パルス出力
出力極性 正または負
出力計器 電圧計、電流計
アナログ2.5級

■放電電源

C series
バッテリの保守・メンテナンスの必須システムです。
本装置は弊社のロングセラー商品であり、数多くの実績を有しております。バッテリの保守・メンテナンスの必須システムです。

性能・特徴

・電子負荷機能にて放電電圧の設定値まで放電続行し、その到達時間を計測します
・2個以上のバッテリを同時に充電できる多数連結型もあります
・標準型ではバッテリ電圧5Vまでの放電を行います0V近辺までの完全放電仕様も可能(オプション)
・シリアル通信で外部パソコンによるデータロガー機能を搭載可能(オプション)
・カスタム設計・プログラミング随時対応

標準仕様

電子負荷 C○○D-○○ series ”共通仕様”
電源 単層100または200V±10%、50/60Hz 絶縁抵抗 一次入力-筐体間 30MΩ以上
二次入力-筐体間 20MΩ以上
負荷入力電圧 Min DC7V~
0~7V以下はオプション対応
冷却 ファンモーターによる冷却
負荷入力電流 0A~ご指定電流 周囲温度 0~40℃
制御方式 ・定電流
・定電圧
・定抵抗
・定電力
オプション ・デジタル計器類
・リモート起動制御
・GP-IBによるPC制御
・リモートセンシング
保護回路 ・過カ電圧
・過カ電流
・過カ電力
・温度異常
・逆接続保護回路

■プログラミング充放電電源

C series
様々なタイプのバッテリーの基本的充放電機能はもちろんの事、耐久性や放電特性検証を効率よく行うことができます。

様々なタイプのバッテリーの基本的充放電機能はもちろんのこと、耐久性や放電特性などの検証を効率よく行うことが出来ます。バッテリー製品の開発や保守・メンテナンスには不可欠なシステムです。1970年代から民間業者、自衛隊、保安庁などの官民含めた多くの納入実績を持ちます。ご希望によってデータロガーの分析ソフトとの構築も致します。リップルが少なく、低ノイズ機能のドロッパー型とインバータ方式の小型軽量、高効率のスイッチング型があります。

性能・特徴

・ 充電から放電まで一連の動作をあらかじめ登録しておいたステップで実行
・ 充電モードでは設定電圧・電流を事前登録し、設定時間まで続行
・ 放電モードでは”時間モード”か、放電電圧の設定値到達まで続行する”電圧モード”を選択
・ 電圧モードではその到達時間を計測し、良否判定
・ 充放電テスト回数を事前登録し、各休止時間も設定可能
・ 作業毎・定期時間毎にデータ印字
・ 充放電おのおのの良否判定をその都度行い、画面通知及び、内蔵プリンタでデータ印字
・ 多数セル連結型バッテリの各セルすべての電圧を監視し、設定電圧以下で警報出力
・ 各セルへの接続は専用検出器を使用
・ 特殊型バッテリの対応は別途ご相談
・ 各セルの温度変化を測定可能 専用検出器を使用(オプション)
・ 警報発生時は標準搭載のロギング機能によって常時監視可能
・ イーサーネットを装備
・ 外部パソコンによるデータロガー機能を搭載(一部オプション)
・ カスタム設計プログラミング随時対応

標準仕様

バッテリー充放電電源 C○○-○○-○○S series ”共通仕様”
電源 単層100V、200V、3相200V
±10% 50/60Hz の何れか
CV/CC表示 定電圧動作/定電流動作をランプ表示
出力電圧 0~最大、ポテンションメーター
による連続可変
対接地電圧 最大出力電圧+200VDC
出力電流 連続可変、連続定格 計器 出力電圧計 電流計アナログ2.5級
極性 正または負 リモート制御 定電圧/定電流のリモート制御
周囲温度 0~40℃ リモートセンシング 定電圧出力のリモートセンシング可能
温度係数 100PPM/℃(定電圧、標準値) 入力端子 背面端子台
過電圧 表面パネルにて設定可 出力端子 背面端子台
冷却 ファンモーターによる強制冷却
オプション ・デジタル計器類 ・リモート起動制御 ・水冷機能 ・GP-IBによるPC制御

Copyright© 2017 Heiwa Electric Co.,Ltd All Rights Reserved.